menu

2019/05/31

プリムラジュリアンのブリコラージュフラワーリース
【1月~3月頃】

IMG_8934.JPG

 

プリムラジュリアンは11月下旬頃から市場へ出回りますが、あまり寒さが得意ではありません。

寄せ植えにするなら、寒さになれた1月頃のプリムラジュリアンがオススメです。

そして暖かくなるにつれ花数が多くなり、ふかふかになっていきます。

そんなプリムラジュリアンを使ったブリコラージュフラワーリースお届け致します。

 

サムネイルの作品はΦ40cmのリース台を使用しています。

 

器サイズ/Mサイズ/Φ35cm(価格12,800円+tax)

     or

     Lサイズ/Φ40cm(価格15,000円+tax)

運賃/ゆうパック140サイズ

 

----------

 

当店のブリコラージュ(寄せ植え)は全て土を使わずにヤシの実のチップ・ベラボンで植え付けています。

虫がわきにくく、解体したあとの土の処理をしなくてよく、可燃ごみで廃棄する事ができます。

 

【置き場所】

光合成によりお花をたくさん咲かせてくれますので、よく日の当たる場所に置いてあげて下さい。

また、風通しがよい場所だとさらに良いです。

 

【育て方】

お水やりは根元の水苔が乾いたら、タライなどにお水を溜めてその中首元まで浸してあげる事が一番美しさを保てます。

上からジャージャーとあげるとせっかくの美しいお花が痛むだけでなく、植物が水をはじいて根っこにお水が届きませんので意味がありません。

根っこにしっかりお水をあげることが大切です。

花柄はこまめにカットしてあげましょう。美しさが保てるだけでなく、花数も多くなります。

また、花数が少なくなってきたら液肥をあげて下さい。

プリムラジュリアンやビオラは一年草ですが、カラーリーフは宿根草なので、お花が終われば解体して地植えにするなどして引き続きお楽しみいただけます。

 

▶参考写真/バラ咲きジュリアンとコオロギノブコさんの育種ビオラ“碧いうさぎ”のブリコラージュフラワーリース―Lサイズ

IMG_8295.JPG

 

 

▶バラ咲きジュリアンとイベリスのリース

IMG_3395.JPG

 

 ▶

IMG_3108.JPG

 

IMG_3206.JPG

 

▶プリムラ・パロマとコオロギノブコさんの育種ビオラ“碧いうさぎ”のブリコラージュフラワーリース―Mサイズ

IMG_0205.JPG

 

 

▶バラ咲きジュリアンとイベリスのブリコラージュフラワーリース-Mサイズ

IMG_0608.JPG